HOME > 業務内容 > 3Dレーザー計測 業務

  3Dレーザー計測 業務  ⇒ 業務内容一覧へ


 当社の取り組み

当社は、3Dレーザースキャナーを用いて、あらゆるものの3Dデータを作成してきました。
例えば、古墳や遺跡などの文化財
例えば、橋や高速道路などの構造物
災害現場に赴き、土砂崩れの状況や壊れた道路なども計測しました。

一口に3Dレーザー計測と言っても難しいかもしれませんが、従来の二次元座標のX・Yに加え、Z座標も併せて観測してその点の集まりで視覚的に三次元の空間を表現できます。
対象物の詳細な形状も大量の点群デ-タにより表現暗所でも計測可能です。(公共座標での座標管理 座標デ-タを高密度で取得崩落地等、容易に立ち入れない箇所での作業。等)
 

災害復旧地内等、作業員が容易に立ち入る事が出来ないような場所でも 二次災害の危険もなく計測が行えます。
又、三次元CADソフトなどを使用して、縦横断図、等高線・メッシュ図等作成 が行えます。

 
【過去の事例:"災害復旧調査(降雪による、法面施工現場の崩落箇所調査)ー埼玉県"

法面施工現場において、大雪の影響で施工箇所の崩落が発生した際に、崩落箇所の調査を行いました。
3Dレーザー計測により、立ち入りや検証が困難な崩落箇所の情報を得ることができました。
結果、平面図と現況断面図を作成し、再設計のための基礎データとして納品しました。

 

 


 3Dレーザー計測の手順 


基準点設置 

発注者、管理者が保管している基準点や
水準点資料を基に現地確認調査を実施し
新点を選点・設置します。
---------------------------------------------------

無理せずに・・

硬い地面で無理をすると, 金属鋲が
曲がったり、指を挟んで痛い思いを
します。そういう時は、先にドリルで
穴を開けてから作業しましょうね ・・


基準点測量

調査結果を基に、基準点観測を実施。
GPSやTSを使用し、観測・計算を実施します。


---------------------------------------------------

>

GPS観測

未知との遭遇・・・?


基準点に高さを付与

 

水準点からレベルを用いて、基準点に高さを付与します。
---------------------------------------------------

制限時間15秒

読定時間が長いと
怒られます。
怖いですねぇ・・


補助基準点設置

三次元計測を実施するための標定点を設置・観測します。
---------------------------------------------------

センスの見せ所

選んだ場所が悪かったりすると
この後の観測時間に影響します。
シンプルだけど、とても重要な
作業なんだぜい。


ターゲット設置

ターゲットを標定点や基準点に据付けます。

---------------------------------------------------

見張り番

転倒防止のため
カラーコーンや見張り番が。
立ちます。


ターゲットスキャン

スキャナを据付け、ターゲットを観測します。
社内作業で計測データを合成するために必要な作業です。

---------------------------------------------------

作業の肝

この作業を忘れると
社内作業で合成できず
泣くことになります。


360°写真撮影

取得点群に色情報を付与するために計測範囲内の
写真撮影を実施します。


---------------------------------------------------

見た目が・・・

晴天、曇天により
点群の色味が変わります。
かなり・・・結構・・・


3Dレーザースキャン
(点群データ作成)

点群データの取得です。計測点群の密度設定なども
この時に設定します。器械点・後視点法や後方後会
法など計測の種類がありますが、対象物などにより、
計測手法を変えていきます。
---------------------------------------------------

映り込みが・・

自分が計測されないように
機械の動きに合わせて
機械の死角へ逃げ込む。

以上のデータを社内に持ち帰り、合成やノイズ除去を行います。
これが、横断図や等高線などを作成する際の基データになります。

 


 
 
 

 使用機器・ソフトウェア 

● 使用機器
メーカー TOPCON
型番 GLS-2000
● 使用機器
メーカー TOPCON
型番 GLS-1500
● 使用ソフトウェア
メーカー TOPCON
型番 Scan Master
● 使用ソフトウェア
メーカー 福井コンピューター
型番 TREND-POINT

 

 
 


  ギャラリー  
過去に計測した3Dデータの一部を公開しています。
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 




資料請求・お問い合わせについて

資料の請求・お問い合わせについては、こちらのお問い合わせフォームからお願いします。
受付は24時間承っておりますが、土曜、日曜、祝祭日は休業日となりますので
回答は翌営業日以降となります。予めご了承下さい。

問合せ内容については、構想段階や実施未定の場合でも構いません。
『こんなものを作りたい!』 『こんなものはできないか?』など、皆様の熱い思いを
心よりお待ちしております。


▲ Page Top