3Dレーザー計測、GISの株式会社ヤマト測建

レーザー計測のことならお任せください


3Dレーザー計測はなぜすごいか?

従来の計測は、人の目で観測するため日没後や光のない場所での作業は困難でした。
また、災害場所付近での計測の場合には危険が伴いました。

そんな時に頼れるのが 「3Dレーザー計測」です!

高所や危険な場所でも
夜でも日中でも
レーザー光線が届く範囲であれば 「安全に!早く!正確に!」 計測が出来ます。

   

3Dレーザー計測利用例

● 遺跡調査(大学の遺跡調査へ同行調査)

地下水の浸水被害を調査した。解析と遺跡の保存を目的としている。三次元計測にて表面の
 ヒビ割れ位置の測定を行い、同時に地質会社の方々も調査を行っています。
 結果、ヒビ割れ位置の座標データ取得を行い、遺跡本体の三次元データを取得いたしました。


● ゴルフ場の計測

グリーンの芝刈り機を自動で機械に作業させる為、グリーンのエッジ部分1周の座標データを三次
 元データから取得できるか実証実験を行いました。
 結果、エッジの座標データを算出いたしました。


● 災害復旧・地震災害後 調査

被災したトンネルの縦横断図を作成しました。
 河川崩落箇所など作業員が近づく事の出来ない災害地での観測も可能です。


● 道路路面形状調査等

道路面の縦断方向(車の進行方向)の形状を計測し、ドライブシュミレーターを製作されている
 企業様へデータ提供しました。


● 古墳・発掘調査現場等

三次元計測データより等高線図・平面図・縦横断図の作成を行います。
 又、発掘調査においては掘削調査の進捗として土量算出や出土品の位置情報のデータ保存も行えます。



● 土量算出

区画整理地内などの残土置き場を計測し、土量算出を行いました。
 結果、残土搬出計画等の基礎となりました。
 また、産廃施設等の堆積状況の調査を行い、搬入可能残数量の算出等も行えます。


● 貯水池等

貯水池内の土砂堆積量を調査しました。水の中は計測できませんが
 従来の測量手法と組み合わせ作業を行います。
 地表面データは三次元データを使用し作業効率化を図ります。


● 建物・石碑等

建築当時の図面がない建物のリニューアルに配管設備等を計測し位置情報を取得。
 また、道路沿道に存在する石碑等の電子保存等にも使用できます。



3Dレーザー業務に携わり15年、皆様のご厚意に支えられ数多くの業務に携わることができました。
私達は、これからも皆様の信頼とご期待に応えてまいります。


3Dレーザー計測業務の詳細 ほか、業務紹介のページはこちらから!!

↓ ↓ ↓ ↓


測量のページ    3Dのページ    GISのページ    電子化のページ
 


平成29年10月25日

ISMS認証 取得

 ( Information Security Management Systems / 情報セキュリティマネジメントシステム ) 

MSA-IS-229




NEWS

2019/06/27   ホームページをリニューアルしました!
2019/12/26   ページのデザインを一部修正しました。